抜け毛を防ぐブラッシングのやり方

髪の毛を綺麗に見せるために

おすすめリンク

正しいブラッシングを知っていますか

1日に3回までが、限度だと言われています。 それ以上ブラッシングをすると、抜け毛の原因になるので気をつけてください。 いつブラッシングをするか、タイミングを決めるといいですね。 また、ブラッシングは髪の毛がしっかり乾いている状態で行ってください。

2回から3回ぐらいでいい

髪の毛の絡みが気になって、1日に何度もブラッシングをする人が見られます。
しかしブラッシングのやりすぎも、抜け毛に繋がると忘れないでください。
本来ブラッシングは、1日に何度もやるものではありません。
起床後や、就寝前ぐらいで十分でしょう。
またシャンプーの前に、ブラッシングするのもいいと言われています。
入浴後にブラッシングする人もいますが、その場合はしっかり乾かしてください。
塗れている状態だと、髪の毛を傷めてしまいます。

毛先から、丁寧に髪の毛をブラッシングしてください。
絡まっている場合は、無理に解かないで少しずつ解きましょう。
力を入れると、髪の毛にダメージを与えます。
余計な力は入れないで優しくブラッシングすることを心がけてください。
髪の毛用のローションを使うのもいい方法です。
ローションを塗っていると、ブラシの滑りがよくなるので髪の毛へのダメージを軽減させられます。
髪の毛を綺麗にしたり、育毛効果を持っているローションがいいですね。

静電気を防止する効果を持っているブラシを使うのもおすすめです。
ブラッシング中に静電気が発生すると、髪の毛が絡まったりダメージを与えてしまいます。
動物の毛を使ったブラシも、髪の毛への負担を減らせるのでいいですね。
定期的に、ブラシを掃除しください。
洗えるものはしっかり洗って、乾かしてください。
フケや皮脂がついて汚い状態のブラシを使っていても、髪の毛を綺麗に見せることはできません。

無理やりブラッシングをしない

毛先から順番に、ゆっくりとブラッシングするのが正しい方法になります。 時間がかかりますが、焦ってはいけません。 しっかりと、ブラッシングの時間を確保してから臨みましょう。 髪の毛にローションを塗ってから、ブラッシングする方法もおすすめです。 すると、与える負担を軽減させられます。

どんなブラシを使っているか

髪の毛がすぐに絡まったり、抜け毛が多いのはブラシに原因があるかもしれません。 あまりよくないブラシを使っていると、せっかくブラッシングをしても意味がありません。 髪の毛におすすめなのは、静電気防止効果のあるブラシや、動物の毛を使っているものです。


PAGE
TOP